山元病院での診療・出産・入院についてのご意見(ここが良かった、悪かった)やご質問がございましたら、お気軽にお送りください。送信フォームはこのページの一番下にございます。

お寄せ頂いた貴重なご意見は、今後の医療サービス充実のため参考にさせて頂きます。またお送り頂いたご意見・ご質問の一部は、個人が特定されないような形でご紹介させて頂くことがあります。

子宮頸がん術後のピル服用について
妊婦健診の公費負担について
3人目以降の分娩料について
女医(女性医師)外来について
お産のための入院の時期について
お産のための入院時の持ち物について
夜間・休日の救急対応について
分娩費用について
不正出血について
カンガルーケアについて
病院見学について
里帰りの時期について
母児同室について


子宮頸がん術後のピル服用について
2年前に子宮頸がん(上皮内がん)で円錐切除をしました。
現在まで再発はありませんが、このような場合、ピルの服用は可能でしょうか?

現在一般的に使用されている低容量ピルであれば、服用されてもほとんど問題がないと思います。
上皮内がんであったとしても、術後5年間は必ずフォローアップを受けてください。

妊婦健診の公費負担について
妊婦健診の公費負担についてですが、どういうものなのかよく分かりません。
以前、そちらの病院へ行った際に健康保険証を持って行ったので、
保険は適用されたということなんですよね?
この公費負担というのは、保険が適用されない場合においてということなんでしょうか?
詳しく教えてください。
そして、どのような手続きをしたらいいものなのかもお願いします。

これは妊婦健診を受けられるときに、本来5000円ほどの料金がかかるものを、各市町村が代わりに負担してくれるという制度です。
当院においては、保険証を持参いただければ検査などをできるだけ保険適用させていただいておりますが、妊婦健診自体は病気ではないので保険が適用されず自費になります。
京都市にお住まいの方については、今年の4月からその公費負担が14回に増え、自己負担分が大幅に減りました。
(京都市以外にお住まいの場合は、対応が異なる場合がございます。)
母子手帳を保健所にて発行してもらう際に、チケットのような小冊子がもらえます。それを妊婦健診の際に持ってきてもらえば、その日の妊婦健診を無料にさせていただきます。
但し、無料になるのは妊婦健診と該当する検査のみで、その他の非該当の検査代やお薬代は患者さまにお支払いただきます。
4月以前に既に母子手帳をもらっておられて、以前のチケットしかお持ちでない場合は、お住まいの保健所にてお尋ねの上、発行してもらってください。

3人目以降の分娩料について
山元病院さんでは、3人目以降の出産の分娩料が無料だと聞いたのですが?

当院では従来より3人目以降のご出産時(当院・他院を問わず)の分娩料はお祝いとして無料とさせていただいております。詳細につきましては、スタッフにお問い合わせ下さい。

女医(女性医師)外来について
女性の先生に診察して欲しいのですが、可能でしょうか。

当院には常勤医として女医(女性医師)が在籍しており、週に4日外来を担当しておりますので、可能です。
担当医は山元三紗子先生で、外来時間帯は担当表にてご確認ください。

但し、夜間や曜日によってはご希望にそえない場合もございますので、その点につきましてはあらかじめご了承下さい。

お産のための入院の時期について
「産気づく」と入院という理解でいるのですが、実際の入院のタイミングを教えてください。初めての経験でよくわかりません。

一般的に「産気づく」とは、陣痛が始まる時期のことをいいます。「陣痛」とは「10分間隔あるいは1時間に6回の規則的な子宮の収縮」と定義されています。

初産婦さんの場合は基本的にはお腹の痛みが10分毎におこった時点で病院に連絡していただければ良いかと思います。
経産婦さんの場合であればもう少し早く準備されたほうが良いでしょう。(前回のお産が早かった方は次のお産も早い傾向にあるようです)

妊婦健診での内診所見や家から病院までの距離などによっても変わりますので、詳しくは妊婦健診時にアドバイスさせて頂きます。

その他に、出血(しるし)や破水(水おり)があった時はすぐにご連絡下さい。

本当に陣痛なのかわからない時、何か不安に思うことがあるときは、お気軽にご連絡ください。

お産のための入院時の持ち物について
お産の入院の時、荷物は何を持って行けばいいですか。

入院時にお持ちいただくものとしては、母子手帳、産科手術承諾書、健康保険証(異常が起こった場合に必要)、印鑑、お母様用洗面具、産後の寝衣(前開きのもの、2枚)、産後の下着、腰巻(大きなバスタオルで結構です)、ティッシュペーパー、タオル3枚、退院時の赤ちゃんの衣類一組、妊娠中にご使用になったショーツ2枚などがございます。

しかし、こういわれても入院前の慌ただしい時にすぐに用意するのは難しいかと思われますので、事前にある程度の準備をされておいた方がよいと思います。

トップページ下段の「出産・入院のご案内」の「お持ちいただくもの」の中からチェックリストがプリントアウト出来るようになっております。持ち物が一目でわかり、チェックできる様になっていますので是非ご活用下さい。

夜間・休日の救急対応について
貴院で夜間・休日の救急対応などしておられるのか教えてください。

当院では、24時間必ずスタッフがおりますので、いつでもご相談下さい。

夜間、休日でも必ずドクターが待機(当直)しております。ご安心ください。

また、万一の緊急事態に対しても、当院は京都府立医科大学の関連病院であることから、京都府立医科大学をはじめ、京都市立病院、京都第一赤十字病院、京都第二赤十字病院等の高次医療機関への搬送体制も完備しております。

分娩費用について
出産にかかるおおよその費用はどのくらいでしょうか。

入院にかかる費用につきましては、パンフレットの中に書かせて頂いております。ホームページの「出産・入院のご案内」の中の「パンフレット請求」よりお申し込み下されば、数日中にパンフレットをお送りさせて頂きます。ご参考になさってください。

不正出血について
相談なのですが、最近、排便時に膣からの出血が二度ありました。毎回ではなく、痛みもありません。
ただ上の子を出産(里帰り)した際に会陰裂傷W度の傷を負っているので、その時の傷が今回の出血に関係してはいないかと心配です。
それとも軽い不正出血でしょうか?
それと診察してもらうのに婦人科と外科とどちらを受診した方がいいでしょうか?

排便時に出血を認めたとの事ですので腟内に出血の原因がないか否かを調べてみた方がよいと思います。
従ってまず婦人科を受診される事をおすすめします。

カンガルーケアについて
カンガルーケアをなさっていますか?またその場合、帝王切開の場合でもカンガルーケアは可能でしょうか?

出生直後のカンガルーケアについては、経腟分娩の場合は基本的に可能です。しかし、お母さん、赤ちゃんの状態によってはご希望に添えない場合もあります。また、帝王切開の場合は、お母さんが手術中のため胸の上に置くことが出来ないのと、出生後すぐに小児科医が赤ちゃんの診察をするため、赤ちゃんのお顔を見て頂き、軽く触れあって頂くに止めることがほとんどです。

母児同室になってからは、いつでもして頂いて結構です。

病院見学について
出産を決める前に見学等は出来ますか?

病院見学はどの曜日でも可能ですので、ご来院前に電話にてご希望日をお伝え下さい。出来る限り、ご希望にそえるように致します。

里帰りの時期について
里帰り出産を考えており産院を探しています。現在10週目ですが、いつごろまでに決めればいいでしょうか?

妊婦健診については、16週〜19週(5カ月)、28週〜31週(8カ月)で各1回ずつ受けて頂くのが望ましいのですが、不可能な場合は、30週〜32週(8カ月の終わりごろ)までに1度ご来院ください。(それより早い分はいっこうにかまいません)

当院に初めてご来院の際には、母子手帳と現在妊婦健診を受けておられる病院よりの紹介状をご持参下さい。

分娩のための帰省は35週前後でお考えください。

母児同室について
出産後は母児同室ですか?

産後の経過が良ければ1日目から赤ちゃんと同室になります。(帝王切開の場合は3日目から)
※初日は日中のみ同室で、夜間はお預かりします。翌日から夜間も同室になります。
※お母さんが疲れている場合は、夜間赤ちゃんをお預かりすることもできます。

ご意見
ご質問
メールアドレス メールにてご回答させていただく場合がありますので、ご入力をお願い致します。

※ご意見・ご質問へのご回答以外に使用することはありません

すべてのご意見・ご質問に目を通しておりますが、ホームページでのご紹介は
その一部となりますことを予めご了承頂けますようお願い申し上げます。





山元病院のご案内診療のご案内出産・入院のご案内

フォトギャラリー | Q&A・アンケートBOX | 最近産まれた赤ちゃん



産科・婦人科・小児科 山元病院 〒604-8353 京都市中京区岩上通蛸薬師下る宮本町795
TEL 075-801-3281  E-mail yamamoto@yamamoto-hospital.gr.jp


禁無断転載 Copyright © Yamamoto Women's Hospital. All rights reserved.